2万社以上の実績があるSEO対策サービス
2万社以上の実績があるSEO対策サービス

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ajax 

Asynchronous JavaScript + XML の略称。2005年2月18日に Jesse James Garrett が書いた記事が初出。

JavaScript の組み込みクラスである XMLHttpRequest を利用した非同期通信を利用して、ウェブブラウザ上で既存の枠組みにとらわれないインタフェースを実現するための技術。実際には Ajax という技術が存在しているわけではなく、DHTML (JavaScript + CSS) と XMLHttpRequest にサーバーサイドのウェブアプリケーションとを加えたあわせ技のことを Ajax と呼ぶようになった。

Ajax を用いて構築されたインタフェースの代表例として Google Suggest や Google Maps がある。

Google Suggest は検索語句を一文字入力するごとに、その語句を推測して候補を表示する。この際、画面遷移を伴わずに候補が絞り込まれていく様子が画期的であるが、この裏側では XMLHttpRequest による非同期通信が発生している。つまり、検索語が入力されるたびそのイベントハンドラにフックして XMLHttpRequest によりサーバーからリストを取得し、それを表示しているのである。

一方 Google Maps は Java アプレットや Flash などの技術を使うことなしに、マウスで動かせる地図をブラウザ組み込みの技術のみで実現している。閲覧している地図が境界に達する前にマウスの動きに反応して、次に読み込むべき地図を非同期通信により取得している。

Ajax の要素には XML も含まれているが、実際には XMLHttpRequest で取得した HTML ソースを innerHTML で流し込むという方法もよく使われるため、必ずしも XML による通信がなければいけないというわけではないようだ。すなわち、XMLHttpRequest における非同期通信機能がその肝である。

スポンサーサイト

Ajax 

Asynchronous JavaScript + XML の略称。2005年2月18日に Jesse James Garrett が書いた記事が初出。

JavaScript の組み込みクラスである XMLHttpRequest を利用した非同期通信を利用して、ウェブブラウザ上で既存の枠組みにとらわれないインタフェースを実現するための技術。実際には Ajax という技術が存在しているわけではなく、DHTML (JavaScript + CSS) と XMLHttpRequest にサーバーサイドのウェブアプリケーションとを加えたあわせ技のことを Ajax と呼ぶようになった。

Ajax を用いて構築されたインタフェースの代表例として Google Suggest や Google Maps がある。

Google Suggest は検索語句を一文字入力するごとに、その語句を推測して候補を表示する。この際、画面遷移を伴わずに候補が絞り込まれていく様子が画期的であるが、この裏側では XMLHttpRequest による非同期通信が発生している。つまり、検索語が入力されるたびそのイベントハンドラにフックして XMLHttpRequest によりサーバーからリストを取得し、それを表示しているのである。

一方 Google Maps は Java アプレットや Flash などの技術を使うことなしに、マウスで動かせる地図をブラウザ組み込みの技術のみで実現している。閲覧している地図が境界に達する前にマウスの動きに反応して、次に読み込むべき地図を非同期通信により取得している。

Ajax の要素には XML も含まれているが、実際には XMLHttpRequest で取得した HTML ソースを innerHTML で流し込むという方法もよく使われるため、必ずしも XML による通信がなければいけないというわけではないようだ。すなわち、XMLHttpRequest における非同期通信機能がその肝である。

リンクスパムの迷信 

「自動登録リンク集に登録しまくると、
検索エンジンスパムになるよ」


なんて、誰が言いましたか?


少し考えれば分かることですが、
登録してスパムになるなら、
ライバルサイトを登録しまくればいいでしょう。


自動登録リンク集に登録して、そこからリンクが貼られて、
自分のサイトがスパムになることは100%ありません。


スパムになるとしたら、
こちらからリンクを出したときです

Yahoo! Site Explorer、Yahoo! ストアに対応 

米Yahoo!は2006年10月27日、公式ブログ「Yahoo! STORE BLOG」において Yahoo!検索へのWebサイト登録情報を閲覧できる「Yahoo! Site Explorer」をYahoo! ストアに対応させた。


Yahoo! Site Explorer(ヤフー・サイトエクスプローラー)はYahoo!サーチでのインデックス状況の詳細情報を閲覧できるツール。Webサイトのどのページがインデックスされているか、どこのページからリンクされているかを把握できる。今回、Yahoo!ストアの登録・認証に対応したことで、Yahoo!ストア利用者もSite Explorerの利用が可能になった。

Yahoo!、AOL買収でTime Warnerと交渉か? 

米Fortune誌は、米Yahoo!がTime WarnerのAmerica Online (AOL)事業部買収で交渉していると報じている。検索市場でトップを独走して広告収入を得ているGoogleに対抗するためにYahoo!は何らかのアクションが求められている。しかし、仮にYahoo!がAOL買収に成功してもGoogleをキャッチアップするのは困難との見方。むしろ、Yahoo!をMicrosoftに売却か。

KDDIとグリー、モバイル向けSNS「EZ GREE」を11月16日に開始 

KDDIとグリーは30日、モバイル向けSNS「EZ GREE」を11月16日に開始すると発表した。au携帯電話のユーザーが対象で、ユーザー登録のみで無料で利用できる。

 EZ GREEでは、グリーが運営するSNS「GREE」をベースとして携帯電話向けの機能を強化。 日記やプロフィール作成、会員間のメッセージ送受信、コミュニティなど、GREEと同一の機能が利用できる。

 さらにEZ GREEの独自機能として、プロフィールやメール、日記を装飾できるデコレーション機能、結果を日記に公開できる占いや心理テスト、成績をランキング表示できる機能などを搭載。GPSと連動した位置情報機能、携帯電話のみで利用できるQ&A機能も備えるほか、Wikipediaの検索と閲覧が携帯電話から可能になる。

 サービスの対象はauの「EZwebmulti」「EZ WIN」コースを契約するユーザー。従来のGREEを通じて他の携帯電話キャリアやPCユーザーともコミュニケーションできる。

 KDDIとグリーは、EZ GREEに関する発表会を同日に開催した。発表会の模様は追ってレポートする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。